10年経って、家のローンがようやく2000万を切る。

10年前にマイホームを新築し、3200万円を住宅金融公庫から借りました。 自己資金は800万ほど用意していたのですが、いざ家を建てるとなると 便利な場所にいい間取りでとついつい希望が多くなってしまい、注文住宅に してしまったので、予算を1000万くらいオーバーしてしまったんです。
月々の支払いが83000円程度、年に2回のボーナス月には32万円を返済 し続け、今年の年末にはやっと借金が2000万円を切りそうです。今なら 家を売ればそれ以上の価値が十分あるので、やっと事実上の借金からは開放された 状態になったかもと主人と2人で喜んでいます。 あと5年ほどすると主人は退職なので、残りの家のローンは退職金で払うつもりで いましたが、退職金自体がどんどん減っている状態なので今後どうなることやらと 不安を抱えています。 せっかく建てたマイホーム、ここで一生懸命子育てをしたさまざまないい思い出が あります。なんとかコツコツ借金を返し、晴れて自分達のものだと胸をはれる日までがんばりたいと思っています。

このブログ記事について

このページは、adminが2013年10月 3日 02:50に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「責任感を感じる住宅ローン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。