2014年5月アーカイブ

一番安全なお金の借り方

わたしは、君島十和子さんのファンで、彼女が、着ている洋服を、どこのものか探し出して、同じのを買うのが快感でした。

でも、天下の君島十和子さんです。最低20万コースです。最初、カードで、リボ払いで、買っていました。でも、さすがに、次の月にいくら来るか考えたら、返しきれなくなりました。

それで、自分の持ってるブランドバッグを、質屋にいれ、カードのほうは、整理しました。

税金という魔物

それは突然やってきました。身内の死に際してゴタゴタしていると、一週間経過したあたりで、私の知らない間に相続の話が決まっており、どうしてか田舎の広大な土地が私のものになっておりました。

荒野です。もちろん利用価値もないですし、お荷物なことこの上ないのですが、まぁあって損はないだろう、ラッキーくらいに考えていたのです。ところがです。

税金を千万円単位で払わなければならないことが発覚したのです。

 シェアメイトが急に出て行く事になって、ひとりで家賃が払えなくなり、事情を知った遠方に住んでる友人が無期限でいいからとお金を貸してくれた。

実家の両親は、結婚しないでフラフラしてるなら、家に戻ってくるようにと普段から煩いので、借金を頼むなんてとんでもなかった。

なので、友人にお金を借りるなんて、とても恥ずかしい事だと思っていたけれど、彼女なら・・・と思って申し出をありがたく受けることにしたのだ。 

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。