どこの消費者金融からも借りられないとき、貸してくれた友人

私がお金を借りたのは一番仲の良い友人です。

というのも私には浪費癖があり貯まってしまったカードの支払いや消費者金融の返済などでとうとう生活費すら危うくなってしまった時の話です。

貯金もなくカードや消費者金融からも借りられなくなり、いよいよマズイな、と思った時にとある金融会社からお金を借りたのですがそこが運悪くいわゆるヤミ金でした。

結論から言うと借金が膨れ上がるといった事はなかったのですが、車を売却しそれを返済にあてました。それでも全ては返しきれませんでした。

長年働いて購入した憧れの車だった為かなり公開しましたが仕方の無いことだと思い諦めていました。

ある日、一番仲の良かった友人が私の空になった駐車場を見て「どうしたんだ。」と聞いてきました。

私は誤魔化しつつも「ちょっとお金に困ってて。」と言いました。

また、後日その友人は私の元へ来るとポンと札束を投げて寄こし「全部借金返してこい。俺から借りるんなら利子は付かないから。」と言いました。

私は泣きながら「ありがとう。必ず返すから。」と約束しました。

それからは真面目に働き、無駄使いもせずにただひたすら貯金しました。そして彼にお金を全て返す事が出来ました。

彼は「まだ利子が残ってるんだけど。」と言うと焼肉屋を指さしながら「おごってくれよな。」と言いました。

もちろん私は彼に焼肉を奢りました。

今でも彼は私の一番の友人です。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年2月19日 23:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「水商売の女性にハマってお金を借りて貢ぐ」です。

次のブログ記事は「バイト代の入金タイミングがずれ、友人からお金を借りることに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。