初めての一人暮らしでお金のやりくりに失敗しました

私が18歳の時初めての一人暮らしをする事になりました。

一人暮らしの理由は就職先の会社が実家から離れているからです、一人暮らしの為に家電や家具を購入する資金や引越の際の諸費用は高校生の時のアルバイトで貯めました。

今までは門限や家でのルールがありましたが一人暮らしですので私は嬉しくなって自由を満喫しました。

そのかわり家事や自炊は自分でしなければいけませんが...。もちろんお金のやりくりも自分でしなければいけません。

最初の頃は財布に1万円以上あるとついつい余計な物を購入したり欲しい物があると後先考えずに購入してしまい一人暮らしを始めて数ヶ月後私の貯金は0になり次の給料日まで2週間もあるのに手持ちが数千円しか残りませんでした。

貯金は元々数万円しか無かったので良いのですが問題は今後の生活費です...本当に困った私は両親に土下座をして次の給料日までの生活費2万円を借りました。

家賃や光熱費は既に引き落としされていたので生活費と会社までの通勤代となりました。

翌月の給料日全額を両親に返すと両親から同じ事が続けば一人暮らしを止めさせると言ってきたので私はいままでの生活を見直し最初に貯金する額を決めて残ったお金でやりくりをするようになりました。

そのおかげで結婚するまで一人暮らしをする事が出来ました。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年8月 7日 07:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「友達からお金を借りると気まずくなる!」です。

次のブログ記事は「追突事故で思わぬ出費」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。