新婚生活は借金からのスタートでした

とても恥ずかしい話ですが、私の新婚生活は借金からのスタートでした。

独身時代に旦那も私も貯金をしていたのですが、結婚する際に予想外にお金がたくさんかかりました。

どちらの両親にも金銭的には頼らずに、全てふたりで支払おうと決めていたのです。賃貸物件に50万近く、最低限必要な家電製品や生活用品を購入していると本当にあっという間に100万円以上かかります。

ようやく引越し新しい生活を始めるにはまず食生活が欠かせません。食料品を買いひと段落して家計簿を確認すると、なんとか共稼ぎすれば生活できるだけのお金が残っていました。

ですが、その数か月後リーマンショックに見舞われ私の仕事はなくなり、旦那の仕事も減ってしまいました。

二人合わせてアルバイト程度のお金しかなく、残り少ない貯金で賄いましたが、仕事は減るばかりです。悩んだ挙句、旦那の同僚に借金を申し込みました。

金額にして5万円です。あまり多く借りると返済が大変だからです。借りた翌月に6万円を返すという約束で貸してくれました。

この5万円があるうちに、どうにかして生活し収入を確保しなければなりません。食事を2食にして、旦那は仕事を掛け持ちし、私は就職活動をするよりもパソコンを使って在宅ワークを始めました。

食べ物がないなど言っていられませんでした。近くへの買い物なら自転車に乗って行きました。雨が降っても風が強くてもです。

ついに米が無くなり、小麦粉でお焼きばかりを食べたこともあります。いまにして思えば良いダイエットになりましたが。

それから少しずつ収入も元に戻り、今では貯金もでき、もちろん借金も完済しました。

この出来事は今でも忘れることなく、お金や食料品を無駄にしない教訓となっています。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年9月 6日 08:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「追突事故で思わぬ出費」です。

次のブログ記事は「税金が払えず、母からお金を借りる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。