税金が払えず、母からお金を借りる

早くに結婚し、子供も三人生まれた。そろそろマイホームを!と旦那と相談し、アパートの家賃と変わらないくらいの支払いで済むようにローンを組み、一軒家を購入した。

貯金はほとんどなく、もらったようにお金はほぼ使い切る性格の私たちはそんなにお金に苦しむことなくやって来ていた。

ある日旦那が急に会社を辞め、無職に。でも退職金もあったし、数ヶ月はゆっくり過ごすことに決めていた。

その数ヶ月の間に、旦那の体調がみるみる悪くなり、倒れる寸前の所で病院に行ったら糖尿病と診断された。

ここから管理入院、入院費の支払い、通院費、国保の支払い...もう本当に地獄だった。

会社を辞めてからの国保の支払いはとても高く、払えるものではなかった。それに加えて、国民年金、固定資産税の支払い...母に相談し、父には内緒で50万貸してもらった。

今だに、母への借金の返済と今年度分の税金の支払いが遅れながらも続いている。車検も近づいているし、また少しお金を借りなくてはいけません。

早く私も働いて、次こそは貯金をちゃんとして、知らない番号からの電話にビクビクする生活から抜け出したい。

今もお金の話になると夫婦喧嘩が始まることが多い。家族みんな笑顔で過ごせるといいな。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年9月 6日 09:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新婚生活は借金からのスタートでした」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。