内緒で友人に借金したつもりだったのに。

 シェアメイトが急に出て行く事になって、ひとりで家賃が払えなくなり、事情を知った遠方に住んでる友人が無期限でいいからとお金を貸してくれた。

実家の両親は、結婚しないでフラフラしてるなら、家に戻ってくるようにと普段から煩いので、借金を頼むなんてとんでもなかった。

なので、友人にお金を借りるなんて、とても恥ずかしい事だと思っていたけれど、彼女なら・・・と思って申し出をありがたく受けることにしたのだ。 

それから半年、久しぶりに彼女と会って、彼女のお母さんも一緒に食事をする機会があった。

そこで、彼女がトイレに行っている間に彼女のお母さんに「大変だったわね。もう大丈夫?突然出て行くなんて、同居人も非常識な人よね」と言われてびっくり! 

なんと、忙しい彼女に頼まれて、お金を振り込んでくれたのは、彼女のお母さんだったのだ。

「あ、でも私が振り込んだ事は絶対に内緒って娘が言ってたから、私が話しちゃったって娘には言わないでね」と言われたので、彼女には何も言ってないけれど、顔から火が出るほど恥ずかしい思いをした。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年5月11日 09:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「弟にお金を借りる」です。

次のブログ記事は「税金という魔物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。