授かり婚からの35年住宅ローンで必死!

私たち夫婦は、できちゃった婚だった為、結婚1年目にしてすでに子どもが居ました。妊娠、結婚、出産を一気に終え、私たち夫婦は夢のマイフォームを購入する為の一大決心をしました。


私は妊娠を機に退職していたので無職でした。彼は公務員でしたが、まだ社会人になってまもない時期でした。家を購入したくても若い私たち夫婦には、貯金もなくマイフォーム購入は無謀にも思えました。しかし、これからの生活や子どものことを考えて、早いうちにマイフォームが欲しかったので、住宅会社へ何度も足を運び、なんとか購入まで話を進めることができました。

ところが、住宅ローンを借り入れする際にまだ社会人に成り立てだったこともあり、お金を貸してもらえるのか?もらえないのか?といったことで沢山の審査を受けてとても大変だったことを覚えています。幸い公務員でしたから、将来も安定していてボーナスも保証できるといった内容から、ようやく審査が通りました。


無知だった私たちにとってマイフォーム購入は難関でしたが、なんとか住宅ローンを借りることができ、35年ローンで夢のマイフォームを手に入れることが出来ました。


夢のマイフォームに住むことが出来て幸せですが、毎月の返済とボーナス返済を併用してしまったので、正直家計は苦しいです。月々の返済金を少し増やして、ボーナス返済は無しにすれば少しは娯楽を満喫できたのかもしれないと後悔してしまいます。もう少し、子どもが大きくなってから、マイフォーム購入を決めても遅くなかったのかもしれないと感じてしまいます。

このブログ記事について

このページは、adminが2013年10月 3日 02:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「責任感を感じる住宅ローン」です。

次のブログ記事は「オーストラリアでパブで酒飲みながらキャッシング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。