水商売の女性にハマってお金を借りて貢ぐ

もう五年くらい前の話になるかと思います。

それまで水商売の女性とは全く縁がなかった私が、たまたま連れていかれたスナックで働いている女性と恋に落ちてしまいました。

当時まだ給料は20万円前後だった私ですが、どうしても彼女に入れ込んでしまい、お店に通うように。

そんな給料で週に二回も三回も彼女に会いにいけるわけもありませんから、あっというまに借金をするようになってしまいました。

私はサラリーマンでしたから、大手の消費者金融に借金の申し込みをしたら、あっさりと50万円までのキャッシング枠をもらう事ができて、すぐにお金を借りられるようになりました。

でも、いけませんね。

ATMでまるで自分の銀行口座からお金を下ろすような感覚にはまってしまい、あっという間に50万円の限度額まで借りてしまいました。

返済は順調にしていましたので、あっという間に80万円まで枠が拡大されて、結局全部の枠を私は彼女の為に使い切ってしまうことになりました。

まあ良い子だったし後悔はしていませんが、やっと先日完済するまでの返済の苦労を考えると、もうお金を借りてまで女性に貢ぐのはやめようと決心しています。

このブログ記事について

このページは、adminが2014年2月19日 23:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「主人・夫に内緒でお金を借りる 大手だとバレるので街金へ」です。

次のブログ記事は「どこの消費者金融からも借りられないとき、貸してくれた友人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。